ぽぉろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ぽぉろぐ】黒い砂漠ブログ

~若返ったウィザードの黒い砂漠日記~

【馬おすすめ育成法!】 貴族馬車は馬が死なない!?

f:id:cuukoko:20170405224744j:plain

 

 

 

 

どーもこんにちは!くうここです!


馬放置で毎日一匹ずつ育てるのってだるい…。


そんなめんどくさがり野郎なわしは
貴族馬車で一度に4匹育てることにしました!

改めて思ったのは、貴族馬車って素晴らしい!
今日は貴族馬車のオススメポイントをいくつかご紹介したいと思います^^w

 

 


そもそも貴族馬車とは

 

 

f:id:cuukoko:20170405224824j:plain

 

 

4匹の馬を接続することが出来る優れた馬車。

わしの場合はだいぶ前に取引市場で買ったが
最近では市場で売られているところをあまり見かけない気がする。

 

 

 


馬車にはニンジンがいらない!


単騎で走らせてると馬放置の人は特に、ニンジンを消耗しますよね。
しかし!馬車にはニンジンを使うシステムがない!
これはコスト削減にもなるのでとてもいい。

 

 

 

 貴族馬車は動くアイテムボックス!

 

f:id:cuukoko:20170406203607j:plain

 

 

貴族馬車にはたくさんのアイテムが入ります!

その数、18!

くうここはフローリン村のデイリークエストに必要なアイテムや

ポーション、斧、ペットの餌など大量に入れて持ち歩いていますw

 

 

 

 


馬車のゲージは『耐久度』と『寿命』

 

 

f:id:cuukoko:20170406162637j:plain

 

 

上の赤いゲージは『耐久度』で、HPみたいなもの。
下の黄色ゲージは『寿命』、これは回復が出来ない。

 

 

赤ゲージの『耐久度』は、厩舎や馬車の修理キットで回復することが出来る。
これが0になれば馬車はその場で消滅し、また厩舎へと取りに行かなければならない。
これは単騎で走る場合と変わりませんね。

 

 

 

さて黄色のゲージですが、これは『寿命』といってその名の通り馬車が使えなくなるまでのカウントダウン。

初期の状態は100%あるが、使用すれば使用するだけ減っていく。これは馬車修理キットなど使っても無意味。
くうここは試したことないが、この寿命ゲージが0になれば

馬車の速度がくそみてぇに落ちるらしい。

 

 

 

つまり馬車は使い切りなのだ!!

 

 

 

 

貴族馬車で敵に殺されても馬の死亡回数にカウントされない!!

 

 

そうこれが、くうここ一番のおすすめ点です!!

 

 

川に誤って落ちたり、崖から転落したり、MOBに殺されたり…。

馬を交配する人にとっては、馬の死亡回数はなんとしても0にしときたいところ。

(確かな情報はわかりませんが死亡回数が多い馬からは、いい馬が生まれないとか言われてます…)

 

 

しかしやっぱりなんかしらのアクシデントは起きてしまうもので。

 

 

くうここは今日も誤って川に突撃して馬車がその場で消えましたw

なので仕方なくハイデルに徒歩で戻り、厩舎を見てみるとこのとーり。

 

 

f:id:cuukoko:20170405225117j:plain

 

 

はい、負傷しておりますねw

 

 

しかしみてください。この貴族馬車に4匹接続して走らせていたわけですが

死亡回数を見てみると…

 

f:id:cuukoko:20170405224804j:plain

 

 

死亡回数は0のまま!!!!!

 

 

 

単騎で走らせていたときは、馬が死んだときの落ち込みようが半端なかったんですw

 

『ここまで一生懸命育てたのに…馬死んだ…いい仔馬はもう期待できないかもな…はぁ…』

とか思ってましたw

 

 

 

しかしどうでしょう!

これが貴族馬車のいいところだ!!!

 

いくら殺されても馬は不死身なのだ!!^^

 

 

 

 

 

貴族馬車のいいところまとめ

 

・ニンジンを使わないのでコスト削減!
・一度に4匹のお馬さんが育てられる!!
・動くアイテム倉庫になる!!!
・どんだけ死んでも馬の死亡回数は0!!!!

 


と素敵なことばかり。

 


逆に悪いところを挙げるならば

 

・単騎に比べて速度が95%など、移動が遅い
・貴族馬車一つ買うのに300万と値段はお高め
・完全使い切り

 

 

こんなところだろうか。

 


馬放置にするなら、ある程度お金がある人におすすめしたい。

しかしさっきも話したように貴族馬車の登録証が売られているところを最近あまり見たことがないのだ。

 

“売ってないなら、作ればいい———!!”

 


ということで今度、貴族馬車を作ろうと試みています!

また次回簡潔に貴族馬車の作り方を書きたいと思います〜。